アスフォークリスタルとは

日本では「アスフォー」または「アスフール」と呼ばれている、エジプトのメーカーです。
正確なカットは透明で明るく、カラフルな花火のようだとも言われますが、これはクリスタルガラスの製造分野において50年以上の経験を持つことから容易に見て取れます。
1961年の創業以来、品質の追求を積み重ねてきました。元々は2200平方メートルほどの敷地で200人の職人で製造をされてきましたが、現在では120万平方メートルにまで増築された工場で28,000人以上の選び抜かれた従業員と、非常に優秀な職人を抱えるまでになりました。「ASFOUR CTYSTAL」「PRECIOSA」「SWAROVSKI」の3大クリスタルメーカーの中では、一番安価なため非常に使いやすく、世界中の多くに人に使われています。

特徴

ASFOUR CRYSTALの魅力はなんといってもその価格にあります。
品質も良く、非常に安価なため数多く必要な時にはとてもありがたい存在です。
しかしながら、あくまでもシャンデリアパーツといった割と大きめなクリスタルばかりで、アクセサリーのような小さいものを作れるようなビーズパーツなどがあまりありません。また、カラーバリエーションは「クリスタル」「AB(オーロラ)」「サテン」「ハニー」「ゴールデンシャドウ」の5色と、他メーカーに比べると色数は少ないです。サンキャッチャーなど、価格を抑えて作りたい時には「トップの部分をアスフォー」「それ以外をプレシオサやスワロフスキー」などと使い分けています。また、最近では「CRYS-Tile(クリスタイル)」や「Crystal Flare(クリスタルフレア)」といった新商品の販売も開始し、建材としても注目を集めています。

評価

品質:★★★★ 価格:★★★★★ カラーバリーション:★★